第二回武蔵越生ウォーキング大会

東武鉄道沿線では季節毎にウォーキング大会が企画されています。
最も大きい大会は全長42.195kmの「七峰縦走」大会です。
秩父の山々を一日でマラソン距離を歩き回ります。
完走すると記念のキャップが貰えるそうです。
北岳に行った時に山の仲間がそのチャップを被って来てこの事を知りました。
今回は23kmコースですがチャレンジしてきました。
自宅を朝6時に出て現地到着が8時。既に早い人は7時にスタートしてます。
事前に登録した往復葉書を提出し受付け完了。8時10分歩き始め!
10分程街中を歩いた後、直ぐに山道。二日前の雨で多少ヌカルミ。
細い道では”渋滞”。自分のペースでは歩けません。
回りは殆ど“中高高年”の健脚者。常にこの様な大会に参加している感じ。
私は一人携帯ラジオを聞きながらランニングシューズでモクモクと歩く。
途中5箇所には「チェックポイント」が在り手元のカードにスタンプを押してもらう。
(完走したら抽選で何か貰える?!!)
途中見晴らしの良い所で、スタート場で購入したオニギリ弁当を手短かに食べる。
スタートしてから4時間でこのコースの最も遠い所「傘杉峠」に到着。
後は下り道で「黒山三滝」迄降りればバス道路。(完走の見通しが立った)
有名な「越生梅林」を左に見てゴール到着が丁度午後3時ピッタリ。
総計6時間50分、36,540歩の快適なウォーキングでした。

興味の有る方はマップをクリックすると拡大できます。(但し”重い”ですよ)

【お買い物なら楽天市場!】 【話題の商品がなんでも揃う!】 【無料掲示板&ブログ】 【レンタルサーバー】
【AT-LINK 専用サーバ・サービス】 【ディックの30日間無利息キャッシング】 【1日5分の英会話】