くらやみ祭 KURAYAMI-Festival

5月連休に府中では「くらやみ祭」が開催されます。
1959年迄は本当に深夜に開催されたそうです。
西暦110年に創立されたと言われる大国魂神社です。
府中に武蔵の国の国府がおかれ、“武蔵の国の国魂”を奉る神社です。
又、国内の六つの神社を合奏した六所宮という神社がやはり国府にもうけられました。
六所宮は一之宮(多摩市小野神社)二之宮(あきる野市小河神社)三之宮(大宮市氷川神社)
之宮(秩父市秩父神社)五之宮(埼玉県児玉郡金賛神社)そして六之宮(横浜市緑区杉山神社)です。
神輿は六所宮の六つと「御本社」そして「御霊宮」の合計八基あります。

「御霊宮」とは怨みを抱いて亡くなった人々の怨霊を無事祈願する意味があります。
(実は最も目立つ神輿で赤色が主体です。但し天井には鳳凰が無く道順も他の神輿とは異なります)
全神輿はこの日だけ町内を巡った後「御旅所」に
一泊し翌朝神社に戻ります。

神社に泳ぐ鯉のぼり くりぬき胴で日本一(口径2m) 神輿の「先払い」に大太鼓が六張
「御霊宮」神輿怨霊を祈願する) 祭もクライマックス(「御旅所」前で夜八時迄もみ合う)
翌朝4時に花火の合図で神輿・太鼓がゆっくり神社に戻る 六台の山車が欅通りに並び子供が演技
「まんとう」が境内でパフォーマンス(40kgを片手でせり上げている)

【お買い物なら楽天市場!】 【話題の商品がなんでも揃う!】 【無料掲示板&ブログ】 【レンタルサーバー】
【AT-LINK 専用サーバ・サービス】 【ディックの30日間無利息キャッシング】 【1日5分の英会話】